«前の日記(2019-10-22) 最新 次の日記(2019-10-26)» 編集

日記

BNR32を愛する事務職サラリーマンが体力と資金の限界に挑んで趣味&家族に没頭する物語



「警告!」 世の中、全て自己責任。




「CM」新蜜入荷!【白山麓蜂蜜】


白峰で仕入れてきた わっきー家の常備品。純粋ハチミツ。



とにかく、美味い。健康にも良い(らしい)。 ウチの子はに小さい頃からトーストに大量にかけて食べる。 今日は無糖ヨーグルト+バナナ+ハチミツで食す。 コレが、また美味!

白山麓蜂蜜はアカシア蜜、とち蜜とあるが、今年もアカシアは摂れないらしい。
採集発売元は白峰に住む従兄弟。蜂を箱で飼ってる(笑)。間違いなし。

しかし、、、、、商売が下手(爆)
と言いつつ、全国的な品薄から若干の値上げとなる(^^;

1,200g(4合瓶)価格6,000円。
ウチは2ヶ月に1本消費していたが、娘が家出したので消費が激減(爆)
子供の成長に、なくてはならない必需品。
ご家族の健康に、Lab訪問のお土産にいかが?(笑)。

2019年新蜜、完売となりました。
ご購入ありがとうございました。
 m(_ _)m


My GTR


独自の考えで進化してきたBNR32の全容を公開中。

spec



S&S No.1 GTR


島根からやってきたS&Sコンプリートカー。
今年、疾り出します。

進化中


240Zレストア


衝動買いしたHLS30、帰国子女DATSUN240Z。定年後に向けての趣味の記録です。



小休止までの記録はこちら


33保存会


R-VITが欲しくて落札したBCNR33。新たな活路を見出すべく無駄に動いた記録です。

永久保存までの記録はこちら


projectG


笑顔と共に終焉♪

続きはこちらで(w

新生M号


発売20年が経過したBNR32。メーカーが現在新車でBNR32を販売するなら、こんなふうにセッティングするんじゃないかな?ってイメージしながら製作したクルマです。specに現れない楽しい走りを味わえる1台です。

specはこちら


ichi-R号(元年号)


運命を変えられた個体の復活劇。
幸せな1台になるまでの物語里帰りトラブルシューティング&LEG MAGIC投入


「あなたのR・・・見てください(w」  Lab的衝撃画像集


見なかった事にしたほうが良いものもあります。永く32に乗りたい方、勇気を出して見てください(w
衝撃画像その1 衝撃画像その2 衝撃画像その3 衝撃画像その4 衝撃画像その5 衝撃画像その6 衝撃画像その7 衝撃画像その8 衝撃画像その9 衝撃画像その10 衝撃画像その11 衝撃画像その12 衝撃画像その13 衝撃画像その14


32の穴


裏技をちょっと公開。
裏技その1 裏技その2 裏技その3 裏技その4 裏技その5 裏技その6 裏技その7 裏技その8 裏技その9 裏技その10 裏技その11


GTR-Labのススメ


ちょっとしたお小遣いと気力とやる気と暇(笑)があれば誰でもできる自分だけのお城。
一生モノの遊び場の作り方はこちら






する方、先に進んでください(w


google custom search


本日記内を検索


2019-10-24

_ [訪問] 東京モーターショー2019

北陸新幹線がお休みのため、真夜中のヴィッツである。

画像の説明


本日、ベストカーWeb編集部の粋な計らいで、振休を使って東京ビッグサイトである。

画像の説明


担当ブースはHONDA。

画像の説明


新型FITでもNSXでもなく・・・・

画像の説明


アコードもスルー。

画像の説明



ホンダeである。

画像の説明


檀上に登って室内をパチリ♪

画像の説明


運転席に座ってパチリ♪

画像の説明

画像の説明


ほぼ、市販車のようである。


以下、レポート。

・重量配分50:50、バッテリーを極力低くマウントしたリア駆動(RR)である

・フロントはエンジンが無く、軽い事からトラクションがリアのほうが掛かる

・リア駆動としたことでフロントタイヤが45度切れ、最小半径4.3mと軽四を上回る小回りを実現=ドリフトもお手の物?

・試乗しないとわからない、試乗するとすぐわかる楽しさ、スポーツ度

・雪道でのテストも十分、トラコンほか、電子デバイスでサポート+滑る楽しさも

・1充電220㎞の航続距離は、電池の重量と大トルクモーターの出力特性で、スポーツカーを意識したもの

・重心が低いとサスペンションを硬くしなくてよい、ロールしない、乗り心地がイイ

・初代シビック、ゴルフをイメージしたツーボックスの不変なデザインを、2030年を見据え たものとし、男女区別なくカッコいいと思うスタイルを実現。

・シートは適度に硬く、素材に拘る

・落ち着いた室内の雰囲気の内装

・RRで走りを楽しめる大トルクのモーターはリア駆動

・車両設計が今までと根本的に変わってくる

・ほぼ市販状態での展示のため、ショールームのように説明が入る

・ダッシュボードは横一列のモニターは運転者の視線に自然に溶け込むデザイン

・目線も他のモニターと一直線になるように配置

・パーソナルアシスタント、中々良い

・双方向充電器で災害時の給電も可能

・ドアミラーはモニター&カメラ、ルームミラーも上位グレードではモニター&カメラ


ホンダブースの様子はこちら


その他画像:

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明




詳細はベストカー11・10号かWebにて確認乞う(w