«前の日記(2016-07-05) 最新 次の日記(2016-07-08)» 編集

日記

BNR32を愛する事務職サラリーマンが体力と資金の限界に挑んで趣味&家族に没頭する物語



「警告!」 世の中、全て自己責任。






「CM」新蜜入荷!【白山麓蜂蜜】


白峰で仕入れてきた わっきー家の常備品。純粋ハチミツ。



とにかく、美味い。健康にも良い(らしい)。 ウチの子はに小さい頃からトーストに大量にかけて食べる。 今日は無糖ヨーグルト+バナナ+ハチミツで食す。 コレが、また美味!

白山麓蜂蜜はアカシア蜜、とち蜜とあるが、今年もアカシアは摂れないらしい。
採集発売元は白峰に住む従兄弟。蜂を箱で飼ってる(笑)。間違いなし。

しかし、、、、、商売が下手(爆)
と言いつつ、全国的な品薄から若干の値上げとなる(^^;

1,200g(4合瓶)価格6,000円。
ウチは2ヶ月に1本消費していたが、娘が家出したので消費が激減(爆)
子供の成長に、なくてはならない必需品。
ご家族の健康に、Lab訪問のお土産にいかが?(笑)。

2019年新蜜入荷、残り10本。
高くてもご購入頂き、誠にありがとうございます。
 m(_ _)m


My GTR


独自の考えで進化してきたBNR32の全容を公開中。

spec



S&S No.1 GTR


島根からやってきたS&Sコンプリートカー。
今年、疾り出します。

進化中


240Zレストア


衝動買いしたHLS30、帰国子女DATSUN240Z。定年後に向けての趣味の記録です。



小休止までの記録はこちら


33保存会


R-VITが欲しくて落札したBCNR33。新たな活路を見出すべく無駄に動いた記録です。

永久保存までの記録はこちら


projectG


笑顔と共に終焉♪

続きはこちらで(w

新生M号


発売20年が経過したBNR32。メーカーが現在新車でBNR32を販売するなら、こんなふうにセッティングするんじゃないかな?ってイメージしながら製作したクルマです。specに現れない楽しい走りを味わえる1台です。

specはこちら


ichi-R号(元年号)


運命を変えられた個体の復活劇。
幸せな1台になるまでの物語里帰りトラブルシューティング&LEG MAGIC投入


「あなたのR・・・見てください(w」  Lab的衝撃画像集


見なかった事にしたほうが良いものもあります。永く32に乗りたい方、勇気を出して見てください(w
衝撃画像その1 衝撃画像その2 衝撃画像その3 衝撃画像その4 衝撃画像その5 衝撃画像その6 衝撃画像その7 衝撃画像その8 衝撃画像その9 衝撃画像その10 衝撃画像その11 衝撃画像その12 衝撃画像その13 衝撃画像その14


32の穴


裏技をちょっと公開。
裏技その1 裏技その2 裏技その3 裏技その4 裏技その5 裏技その6 裏技その7 裏技その8 裏技その9 裏技その10 裏技その11


GTR-Labのススメ


ちょっとしたお小遣いと気力とやる気と暇(笑)があれば誰でもできる自分だけのお城。
一生モノの遊び場の作り方はこちら






する方、先に進んでください(w


google custom search


本日記内を検索


2016-07-07

_ [projectTM] タービンブロー

世は七夕である。織姫と彦星は会えたのだろうか?



そんなこと関係ない小人達である。

画像の説明


つか、何かやらかしたらしい。

画像の説明




見事なフロントタービンブローである(−−;

画像の説明


理由は知る由もない。



となると、、、、

画像の説明


ブレードの破片と削れた切粉の影響はこの辺りまである事を確認。

画像の説明


灯油洗浄しておきたまえ。



念のため、エンジンの圧縮を測定。

画像の説明


各気筒10.0〜11.0キロで揃っている事を確認。

エンジンは良いコンデションであった♪



お約束(笑)のウォーターラインを捻じり潰して・・・・

画像の説明


フロントタービンを摘出。

画像の説明



そこはホレ、Labである。

何故かストックがある新しい中古ラインと・・・・

画像の説明


ゴロゴロしてるタービンの中から・・・・

画像の説明


新車はずしと思われる、24Uタービン1基を発掘。

画像の説明




作業はガスケット&灯油待ちとなり、午前様前に強制終了となる。



_ [projectTM] ブローエンジン検証2

ブロータービンを摘出している横でブローエンジンの検証を実施(w


オイルポンプは見事に玉砕。

画像の説明


クランクシャフトのこの部分の針の振れは5/100程度。

画像の説明


途中、ブロータービンを摘出してる横でブローエンジンを検証していた虎の子ミツトヨダイヤルゲージを落下させてダイヤルゲージブロー(w


読者にミツトヨの社員いなかったっけ?(w




結論!


前回のオーバーホールでクランクプーリーボルトの締め付けトルク不足でクランクプーリーの振動が発生し、オイルポンプを叩いて破壊、オイル供給がストップしてメタルが焼き付いたものと断定する。




合ってる?>識者

本日のツッコミ(全5件) [ツッコミを入れる]
_ TAM (2016-07-08 07:07)

作業ご苦労様です。ありがとうございます。<br>タービンブローだったんですね…σ(^_^;)<br><br>ブローエンジンの検証も為になります。<br>なるほどです。

_ LEG (2016-07-08 08:04)

あらら?<br>土曜日夜は無理かな?

_ わっきー (2016-07-08 21:37)

TAMさん><br>破片が飛んでいるので大変でした。<br>アイドリングは綺麗に回っているので壊れたタービンのみ交換すれば直るかと思います。<br>まあ、作業し足らない小人達からは嬉しい悲鳴が聞こえてきます(笑)

_ わっきー (2016-07-08 21:41)

LEGさん><br>たぶん大丈夫です!との小人達のココロの声が聞こえた気がします。<br>あ、ハチミツ持ち帰り&津市配達願います(`_´)ゞ

_ (2016-07-08 21:47)

>茶さん<br>ファイトp(^_^)q